保険情報、Q&A

保険情報

会員の皆様に、保険診療の新しい情報をお知らせ致します。日常診療の際の参考にして頂けましたら幸いです。

公開日付
ご案内
2016年5月27日
平成28年度診療報酬改定(泌尿器科関連)
2014年10月22日
東部総会での情報(投薬について)
2014年5月14日
平成26年度4月診療報酬改定について
2012年2月17日
24年度診療報酬改定について(泌尿器科関連 抜粋 速報2)
2012年2月15日
24年度診療報酬改定について(泌尿器科関連 抜粋 速報)

保険情報Q&A

このページでは多く寄せられるご質問をQ&A形式で掲載しています。
ご覧になりたい質問を選択して、回答をご確認ください。

検索したい単語をご入力ください。タイトルが表示されない場合は、該当項目がありません。
再度、入力し、検索を行うか、「リセット」ボタンを押して、一覧表示にお戻りください。

 

1. 基本診療料

同一日に内科で「糖尿病」について診察を受け、同時に眼科で「糖尿病性網膜症」について診察を受けた場合は眼科で2科目の再診料を算定できるか?2014年10月15日
関連のある疾病のため、2科目の再診料は算定できません。
同一日の同時に2科目の再診料を算定する場合で、緊急で時間外に異なる科を受診した場合でも時間外加算は算定できないのか?2014年10月15日
算定できません。
褥瘡ハイリスク患者ケア加算にある特殊体位に側臥位、伏臥位,座位がふくまれるか?2014年10月15日
含まれます。
短期滞在手術基本料2及び3の算定日は手術を行った日か?2014年10月15日
その通りです。

2. 指導料・管理料

「境界型糖尿病」、「耐糖能異常」を主病とする患者に対して、治療計画に基づき療養上必要な管理を行った場合に、B000 特定疾患療養管理料を算定できるか?2014年10月15日
算定できません。
B001の「27」糖尿病透析予防指導管理料について、当該点数を算定する日において、透析予防診療チームである医師、看護師または保健師及び管理栄養士がそれぞれによる指導の実施が必要か?2014年10月15日
その通りです。当該指導に当たり、必ずしも医師、看護師または保健師及び管理栄養士が同席して指導を行う必要はありませんが、それぞれが同日に指導を行う必要があることに留意されたい。
B009 診療情報提供料(Ⅰ)の注7に掲げる加算については、保険医療機関が別の保険医療機関等に対し、退院後の治療計画、検査結果、画像診断に係る画像情報その他の必要な情報を添付して紹介を行った場合に所定点数に加算することとされているが、別の保険医療機関への転院の目的で紹介した場合であっても当該加算を算定できるか。2015年7月7日
算定できる。

3. 検査

膀胱鏡検査で、疼痛の強い方にロヒプノールなどの鎮静目的の使用とその後のアネキセートなどの拮抗剤の算定はできますか?2014年4月1日
審査委員の医学的判断によります。審査委員に必要性があると判断されれば容認される可能性があります。いずれにしても、詳記にてその必要性を訴える必要があると考えます。一般的に検査の際は薬品代は認められますが、麻酔の手技料は算定できないケースが多いと考えます。
来年1月に、梅毒の診療基準がかわります。それに先立ってSTI学会が診療ガイドを発表しました。初期梅毒も含めてPCRが有効なことと、RPRとTPLA(またはTPHA)を両方定量検査する内容になっています。保険の対応とは?2018年11月27日
回答はこちら
泌尿器科で、超音波パルスドップラー加算+200点が加算できる疾患を教えて下さい。2018年11月27日
回答はこちら

4. 画像診断

5. 投薬

6. 注射

7. リハビリ

8. 処置

尿路結石手術・ESWLに際して、造影CTを行って良いかどうかの基準(条件)はありますか?2014年10月15日
条件はありません。
間歇的内分泌療法(前立腺癌)のリュープリン休薬期間中の患者。採血でPSA,テストステロンを打つ方がよいのか?2014年10月15日
審査委員の医学的判断によります。テストステロン検査が医学上必要があると審査委員に理解されれば容認と考えます。

9. 手術

10. 放射線治療

11. 病理診断

画像診断管理料加算の要件にある関係学会から示されている2年以上の研修とは何か?2014年10月15日
放射線科に関して3年間の研修を修了した後に行う、日本放射線科学会が定める放射線科診断専門医制度規則った2年以上の研修をことを指します。

12. その他

保険診療の手引き 11版のp43ですが、(添付画像がそのページです)※3 精巣悪性腫瘍(術後も)の場合,HCGーβ(血)は算定可とありますが,その続きの表では精巣癌の確定のところにHCG-β(血)(悪性腫瘍特異物質治療管理料は算定不可)とあります。どちらが正しいのでしょうか?2018年11月27日
精巣癌の場合はD008生化学検査(Ⅱ)の項目でHCGーβ(血)は算定可です。しかしD009腫瘍マーカーの項目ではありませんので悪性腫瘍特異物質治療管理料は算定不可です。
AFPとHCG-βを両方測定した場合は、2項目400点として算定可、なのでしょうか?2018年11月27日
精巣癌に対してAFPとHCG-βを両方測定した場合は、HCGーβ(血)を生化学検査(Ⅱ)の項目として算定し(判断料の算定も可)、AFPは悪性腫瘍特異物質治療管理料(1項目)360点として算定することになります。